住宅

塗替えのサイン

札幌は本州や九州の地方と比べるととても寒い地域なので、住宅もその気候に合わせて他の地域とは異なる特徴をもっています。特に冬が厳冬になることが基本なので、家づくりも冬に備えた作りになっているのです。ドアや窓を二重にすることは札幌での家づくりの基本となっています。
寒さを防ぐためには家の構造に気をつけることになりますが、同時に塗装にも気を配る必要があります。札幌は雪が冬になると振り続ける地域になるので、雪の対策をするための塗装が施されています。
雪は水が変化して氷状になったものですが、ものに触れたり暖かくなったりすると当然溶けてきます。そうなると建物は防水に気をつける必要があり、水が建物に浸透しないようにするために防水効果のある塗料が塗られています。

このように、札幌には防水効果のある塗料が必要不可欠となりますが、雨風に晒されていると塗装が剥がれる機会が多くなってくるのです。塗装が知らないうちに剥がれてきてしまうと、雨漏りが進行してしまうことがあるので、定期的に塗り替えなければなりません。
雨漏りを防ぎ、早めに塗装ができるようにするには、チョーキングや光沢の低下に気をつけることが大事です。塗料は塗りたての状態だと光沢がありますが、古くなってくると光沢が無くなってきます。これが一つの塗替えのサインとなるのです。
また、直ちに塗り替えた方が良い状態としては塗膜の浮きがあり、その前兆としてチョーキングがあります。指で触って塗料が付く状態では防水機能がなくなっている状態なので気をつけましょう。